FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『STLL LIFE展』が無事終わりました

Still Life-展示

2011年12月4日(日)をもちまして、
亀田節子・飯坂郁子 二人展
STILL LIFE ―それぞれの視点で描く静物―

が無事に終了しました。
ご来廊して下さった皆様、本当にありがとうございます
短い会期ではありましたが、総勢約170名の方々にお越しいただいたとのこと、
お天気の悪い日もあったのですが、連日大盛況でした!!

亀田さん、郁子さん、お二人のお人柄がそのまま作品から発する“気”となって
とても居心地の良い展示空間になっていた思います。
展示作品をご覧になっているお客様の表情も、皆さんとても穏やかな様子でした。
ぜひまた機会があれば、コラボレーション企画を出来たら良いなと思います♪

今回のSTILL LIFE展に出品した郁子さんの新作をちょっとご紹介

Still Life-カラー
飯坂郁子 『カラー』 変形F40号

大きなお花の作品。展示スペースの中ではなく廊下の壁に
一点どーーんと展示していました。
私は大好きなお花が3種類あります。
①カラー
②ガーベラ
③向日葵
なんとラッキーな事に、私が個人的に大好きなお花をモチーフにした作品を、
今回の展覧会では2点も観ることができました~(笑)
カラーとガーベラ
郁子さんの描くカラー、本当に力強くまっすぐです!!
カラーって郁子さんの作品にはぴったりなお花だと思いました。

Still Life-電気ケトルのある静物
飯坂郁子 『電気ケトルのある静物』 S30号

こちらは正面の壁面に展示してあった大きな作品。
テーブルの上にのっているのは、郁子さんがに日常で愛用しているモノたち。
私もよくこの茶色のマグでコーヒーをご馳走になります。
そしてこの作品の主役、電気ケトル。
ステンレスの質感までとてもリアルに描かれていると思いました。
カラフルな4つのボールと、銀色のバランスがとても美しいです
注ぎ口がまっすぐなシンプルデザインのこの電気ケトルは、
ギャラリー会場にも持ってきていて、お客様のお茶を作るのに大活躍でした~

他にも素敵な新作がたくさん出品されていましたので、
また追ってご紹介していきたいと思っています♪










スポンサーサイト

『STILL LIFE展』銀座にて開催中!!

亀田節子・飯坂郁子 二人展
   STILL LIFE 
―それぞれの視点で描く静物―

11月29日(火)のプレオープンを経て、只今銀座にて開催中です!!
本日、あいにくの雨模様ではありますが、会期3日目を迎えました。
初めてご一緒するアーティストさん、初めての会場、初めての静物画展・・・
初めてづくしの二人展ということで、準備段階では期待と不安でいっぱい
だった郁子さんですが、まさに「案ずるよりも産むが易し」でした。
亀田節子と飯坂郁子、二人のアーティストのコラボレーションにより、
それぞれの個性が優しく融合した素敵な展示空間となりました

Still Life-ウェルカムボード
☆J trip art GALLERYのスタッフさんが、素敵なポスターを作って下さいました。
このウェルカムボードが来廊される皆様をお迎え致します。

本展の会場となるJ trip art GALLERYは、New YorkのSOHOエリアにある
ギャラリーのような、真っ白な壁に広々としたスペースが印象的です。
今回、亀田さんも郁子さんも出品点数が多かったので、
窮屈になるのでは?!
展示を諦める作品が出るかも?!?!・・・っと心配していたのですが、
この広々とした空間では、そんな心配は無用でした~

Still Life-見る1
☆亀田節子さんの展示(入口から入って向かって右手壁面)

Still Life-見る2
☆飯坂郁子さんの展示(入口から入って向かって左手壁面)

同じ「静物」をテーマとした二人展ではありますが、
果物がたくさん描かれている亀田さんの作品と、
スイーツや食器、花などが描かれている郁子さんの作品、
モチーフに選ぶモノも表現方法も違う二人の作品が
ここまで心地良く溶け合うとは、本当に驚きであり新たな発見ですね

プレオープンの日は、夕方からオープニングレセプションも行いました。
平日の夜でしたが、たくさんの方々がお越し下さいました。
美味しいお酒と手作りのおつまみを囲んで、和やかに賑やかに行われました。

Still Life-レセプション後
☆こちらは、レセプションの後片付けも一段落して、初日のクローズ直前の様子。
リラックスして歓談する郁子さん(一番右)とお客様たち。

初日以降もたくさんの方々がギャラリーに足を運んで下さっているようです。
来廊して下さった皆様から、様々なご意見・ご感想を伺うたびに
郁子さんから私の方にもご報告が届きます(笑)
(私にとっても皆様からの反響を伺うのは、展覧会のお楽しみの一つです!!)
作家さんにとって「芸術」とは、作品そのものだけではなく、作品を観る方々との
コミュニケーションの中にも存在するのではないでしょうか?
作品をご覧になった皆様からの様々な声が、
次回作のインスピレーションに繋がったり、新しい発想が生まれたりします。
ぜひ、展覧会をご覧になった皆様、感想をお聞かせください~!!







亀田節子・飯坂郁子 二人展 『STLL LIFE』 DMです 

still life-DM表面

still life-DM宛名

亀田節子・飯坂郁子 二人展
 STILL LIFE 
―それぞれの視点で描く静物―

今回の二人展のDMになります。

いよいよ、来週火曜日(11月29日)から
『亀田節子・飯坂郁子 二人展』スタートします!
ふんわりとした色使いと柔らかいラインで描く亀田節子さん、
vividな色使いとシャープなラインで描く飯坂郁子さん、
それぞれが持つ個性が融合して創り出す静物画の空間。
とても楽しみです。

お二人とも初日を一週間後に控え、今、まさに出品作品の仕上げと
準備の追い込みをされているでしょう

お二人にとってベストコンディションで展覧会初日を迎えられますように・・・






STILL LIFE展 info.

NY展の記事以降、またUPを怠り大変申し訳ございません
バタバタと毎日を過ごしているうちに、次の展覧会がすぐそこに迫って参りました!!
銀座のギャラリーで亀田節子さんと開催予定の二人展のお知らせです。


亀田節子・飯坂郁子 二人展
 STILL LIFE 
―それぞれの視点で描く静物―


日時:2011年11月30日(水)~12月4日(日)
   11:00~19:00(最終日は、17:00まで)
※プレオープン:11月29日(火)17:00~

場所:J trip art GALLERY(銀座)
   東京都中央区銀座6-7-18 デイム銀座ビル3F
   TEL:03-3571-7818 FAX:03-3571-7819

   ギャラリーのHPは、こちらをご覧下さい。⇒ http://www.jtrip-118.com/

プレオープンの11月29日(火)18:00~20:00に
オープニングレセプションを行いますので、どうぞお越し下さい。
二人の作家も会場にてお待ちしております♪


飯坂郁子「チョコムース」-blog
飯坂郁子 油彩 F3号 「チョコムース」

亀田節子「レモンとりんごのある静物」-blog
亀田節子 油彩 F20号 「レモンとりんごのある静物」


『STILL LIFE』というタイトルの通り、この二人展は静物画の展覧会です。
亀田節子と飯坂郁子、二人の画家がそれぞれの視点から、それぞれの感性で
表現して描く静物画作品が展示されます。
二人の画家が持つそれぞの個性をどうぞお楽しみください











NY展2011を終えて

『NEW YORK INSPIRATION 2011』が9月14日をもちまして、
10日間の会期を無事に終えました!!
今年もたくさんの方々に足を運んでいただけたようです。
ご来廊くださった皆様、本当にありがとうございます
展覧会が終わって約1週間が経ちましたが、まだ興奮冷めやらず・・・
っというご様子の郁子さん
今回の展覧会でもご覧頂いた方々から様々なご意見・ご感想を伺えたようです。
作家さんにとって、フィードバックは大切な次へのステップになりますからね!
頂戴した貴重なご意見・ご感想は、メモメモ・・・(笑)

今回の出品作品は、4点でした。(人物画3点&静物画1点)
↓こちらは、DMにも使われた『腕組み二人組』
NY展-1

↓こちらは、ダンサーさんをモデルに描かれた『ダンサー ビリー・サントス』
NY展-2

↓モデルMichikoさんの雰囲気とワンピースの柄が好評で、
今回の展示で魅了される方が多かった作品『Michiko 19才 夏』
NY展-3

↓木ノ葉画廊近くにある喫茶店の袋がモチーフになった
『Biotのオレンジ色の袋のある静物』
袋のオレンジとカップのブルーがまさに郁子カラー!
NY展-4

来年のNY展でもさらに進化した郁子さんの作品に出会えるハズです!
来年もとっても楽しみですねー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、次は11月下旬に『STILL LIFE』と銘打った
静物画中心の二人展を銀座のギャラリーで開催予定です。
ちょこっとだけ、インフォメーションです!

予告
亀田節子・飯坂郁子 
『STILL LIFE』
2011年11月29日(火)~12月4日(日)
銀座/J trip art GALLERY
http://www.jtrip-118.com/

こちらも詳細が決まり次第、お知らせします~





プロフィール

AKKO

Author:AKKO
AKKO
画家・飯坂郁子オフィシャルサイト管理人
http://www.ikuko-iisaka.com/

性 別: 女性
出身地: 埼玉県

★アートが好きになったきっかけは・・・
学生時代、学校の掲示板に貼られて
いた画廊アシスタントの求人を見て
応募!
美術専門の学生ではなかった私が、
画廊のお仕事を通して、アートの世界
に魅了されてしまいました。

★好きなアーティスト
<画家>
飯坂郁子

Paul Klee
Egon Schiele
Michelangelo Merisi da Caravaggio
Bernard Cathelin 
Jean Pierre Cassigneul
Niki de Saint Phalle
Marie Laurencin
他にもたくさん!

<イラストレーター>
Jeffrey Fulvimari

<写真家>
梅佳代
渡辺克巳

<建築家>
Renzo Piano

<舞踊家>
Aída Gomez
Joaquín Cortés
Rasta Thomas
Kenny Wormald

<映画監督>
Pedro Almodóvar
David Fincher
Richard Linklater
SABU

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。